疼痛性障害

どんな検査をしても異常が認められず。顔、関節、手、足、腹部、胸部などの様々な部位に一つ以上の疼痛と呼ばれるズキズキした痛みが起こります。